資格保有者の高齢化|アパレルの派遣で憧れの職業に就こう|人気の職業

アパレルの派遣で憧れの職業に就こう|人気の職業

男性

資格保有者の高齢化

メンズ

工事量増大が顕著

日本では東京オリンピック関連工事の増加に加えて、企業業績の改善による設備投資の増加で建設工事の増加が顕著になっています。建設工事では一定の金額以上の工事現場には施工管理者の常駐が義務付けられています。施工管理の資格には建築士、技術士、施工管理技士の資格がありますが、大型工事の施工管理には一級の資格が必要です。こうした資格の保有者の高齢化が顕著となっており、人材の不足が顕在化しています。現場の常駐者は施工会社の社員であることが必要要件になっていますので、派遣会社からの派遣では対応できなくなっています。建設業界の施工管理者の不足に対応するために派遣会社でも登録されている技術者を派遣するだけでなく、社員や嘱託としての採用を前提して斡旋するケースが増加しています。

現場の戦力の育成

施工管理者の不足に対しては短期的には他業種に従事している資格者を待遇面で優位性を設けて業界移動を図ることが重要です。建設業界のOBにも健康で時間を持て余している人材が少なくありませんので、個別に交渉をすることによって再就職の機会を設けることが現実的です。長期的には建設業界のイメージアップを図る必要があります。建設業界に参入する人材が不足して高齢化が顕著となっているのは、業界に魅力がないことが大きな原因となっています。自然に対応するためやむを得ない面はありますが、休日出勤や残業時間の改善を図る必要があります。人員の不足は派遣によってカバーすれば解決可能な施策となっています。新卒の採用と育成が最も必要な対策になっています。